ポリ塩化ビフェニル(PCB)の処理期限が近づいてます

PCBとはPoly Chlorinated Biphenyl(ポリ塩化ビフェニル)の略称で、人工的に作られた、主に油状の化学物質です。PCBの特徴として、水に溶けにくく、沸点が高い、熱で分解しにくい、不燃性、電気絶縁性が高いなど、化学的にも安定な性質を有することから、電気機器の絶縁油、熱交換器の熱媒体、ノンカーボン紙など様々な用途で利用されていましたが、現在は製造・輸入ともに禁止されています。

PCBが使用されている電気機器

PCB廃棄物(ポリ塩化ビフェニル)が使用された電気機器。 PCB廃棄物(ポリ塩化ビフェニル)が使用された電気機器。

PCB(ポリ塩化ビフェニル)が使用されている主な電気機器は、トランス(変圧器)やコンデンサー、蛍光灯や水銀灯の安定器があります。PCBが含まれているトランス(変圧器)やコンデンサーは、昭和54年以前に施工された工場やビルなどに使用されております。安定器は昭和54年以前に施工された工場やビル、学校、病院等の蛍光灯や水銀灯に使用されております。一般家庭の蛍光灯にPCBを使用したものはありません。

PCBの特性

PCB廃棄物(ポリ塩化ビフェニル)低濃度PCBと高濃度PCB

水にきわめて溶けにくく、沸点が高いなど物理的な性質を有する主に油状の物質ですで熱で分解しにくい・不燃性・電気絶縁性が高いなど化学的にも安定な性質を有することから、 電気機器の絶縁油、熱交換器の熱媒体、ノンカーボン紙など様々な用途で利用されてきましたが、現在は製造・輸入ともに禁止されています。
PCBとはポリ塩化ビフェニル化合物の総称であり、その分子に保有する塩素の数やその位置の違いにより理論的に209種類の異性体が存在し、なかでもコプラナーPCB と呼ばれるPCBの毒性は極めて強くダイオキシン類として総称されるもののーつとされています。

PCBの毒性

PCB廃棄物(ポリ塩化ビフェニル)低濃度PCBと高濃度PCB

脂肪に溶けやすいという性質から、慢性的な摂取により体内に徐々に蓄積し、様々な症状を引き起こすことが多く報告されています。一般にPCBによる中毒症状として、目やに、爪や口腔粘膜の色素沈着、ざ瘡様皮疹(塩素ニキビ)、爪の変形、まぶたや関節の腫れなどが報告されています。

高濃度PCBと低濃度PCB

PCB廃棄物(ポリ塩化ビフェニル)低濃度PCBと高濃度PCB

PCB廃棄物は、PCB濃度により高濃度PCB廃棄物と低濃度PCB廃棄物に分類されます。高濃度PCB廃棄物はPCB濃度が0.5%(=5000ppm)を超えるものとなります。
高圧変圧器・コンデンサー等の高濃度PCB廃棄物は中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)で処理を行っています。低濃度PCB廃棄物については環境大臣が認定する無害化処理認定施設及び都道府県知事等が許可する施設で処理を行っております。

高濃度PCBの主な電気機器

PCB廃棄物(ポリ塩化ビフェニル)適正分別

高濃度PCBが使用された代表的な電気機器等には、変圧器やコンデンサー、安定器があります。変圧器(トランス)とは、ある交流の電圧をそれより高いか、又は低い電圧に変える装置であり、コンデンサーとは、電気を一時的に蓄える、電圧を調整する、位相を変化させる、といった効果を持つ装置です。

低濃度PCB廃棄物

PCB廃棄物(ポリ塩化ビフェニル)適正分別の重要性

PCB濃度が0.5㎎/㎏を超え5,000㎎/㎏以下のPCB含有廃棄物(可燃性のPCB汚染物等を除く)及び微量PCB汚染廃電気機器等(PCBを使用していないとする電気機器等であって、数ppmから数十ppm程度のPCBに汚染された絶縁油を含むもの)については、低濃度PCB廃棄物として適正に処理する必要があります。
橋梁等の塗膜、感圧複写紙、汚泥をはじめとする可燃性のPCB汚染物等については、PCB濃度が0.5㎎/㎏を超え100,000㎎/㎏以下が低濃度PCB廃棄物となります。

PCBコンサル.comへのお問い合わせ

PCB廃棄物のご相談、適正分別、処分、各種届出書類に関するお問い合わせはお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせ